こんにちは!!ライフデザインコーチD.O(ディーオー)こと、尾﨑大祐(おさきだいすけ)です。

先日も、私のメールマガジンをお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

引き続き、私が運営しているこのメールマガジンを皆さんにご覧いただけること、改めて感謝しております。

同様に、いつまでも大切にしていただけるような知識と情報を定期的にお届けしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。



さて前回まででは、私の恥ずかしい過去の失敗体験をあえて公開させていただき、それによって手に入れることができた変化までもお伝えさせていただきました。

そして今回からのメールマガジンでは、今まで私がしてきたこれらの体験にはどんな原因があって失敗に繋がっていたのか、そしてそれをどのように改善したことで成功へと変化させることができたのかを、具体例を挙げて解説してみたいと思います。

今の皆さんとどこが同じでどこが違うのか、これを参考にしていただくだけでもヒントがたくさん得られると思うので、よかったらメモを取りながらでも読んで行ってみてください。



前回まででご紹介していましたが、私が元々デスメタルバンドで夢を持って活動をしていたという、普通から考えたら無謀でバカバカしい他に例の少ない体験から分かったことを通してお伝えしてみたいと思います。

まず、私がどうしてこのような史上最悪な音楽を選んでやっていたのかというと、幼いころから抱えていた「何をやってもみんなに負けてしまう」という、こんな自分に対する強い劣等感からでした。

とにかく、私は弱い人間でした。そして今でもそう感じることは普通にあります。

当時に何をやっても周りに勝てなかったのは、なんでもすぐに逃げていたからです。

その結果、音楽という「自由表現の世界」を知ったことによって、見た目ややっていることを極端に恐ろしくし今までとはまるで違う自分となり、みんなを見返してやりたいという気持ちが芽生えたことでこれに辿り着いています。

そんな私が唯一逃げずに取り組めたのが、周りで他がやっていなかった「デスメタル」だったわけです。



この反動には、凄い力がありました。

世の中から逃げる形で世間とは相反した生き様で進んでいると、周りからの憧れ的な反応が凄かったのです。

その代わり、それが心地よくて酔いしれてしまったことで、本当に大切なことにはますます気づけなくなってしまっていたのですが。。

しかし、逃げてばかりだと肝心なところで戦うための力は身に付かず、やはり何かと社会で通用しないことが起こるものです。

これは、音楽で食べて行きたいと言っていたくせに、収入を得て活動していくというビジネス基盤の作り方も知らないで音楽をやっていたことがそれにあたります。

ある程度まで活躍できたのが幸いだったとしても、気持ちが高かったワリに結果を生み出せない状態となっていたことです。

これらは結局、熱意だけ・思い立ちだけ・憧れだけが先走っていたことと、ネガティヴなことを見たくない気持ちから世の中の失敗例には目を向けなくて、そこを避けて勉強や比較をすることや、しっかりと企画や計画を練らずに走っていたことが大きな原因だったと思います。

バイタリティーはあったけど、矛先が間違っていることに気づいていなかったから、現実では修正の必要があったのにも関わらず、勢い余って進んでしまっていた。

その結果、行き過ぎてしまったことで、今更路線を変更できないことにぶちあたったのです。

世の中のどんなことでもそうですが、物事が間違ったまま進みすぎて行き過ぎると、修正が効かないレベルになってしまうため、もう解体をするしか方法が無くなります。

となれば、今までつぎ込んで来たお金や時間や労力でせっかく形にしたことを、キレイに片づけて終わることになります。

人生においてこれが一番危険で残酷なことなのです。

この破滅に至るまでの間では、かなりの苦しみを感じながら進んでいたわけなのですが、その苦しまなければならなかった理由は結局、「上手く行かない原因が分からなかった」からなのです。

「どうしてお金が上手く得られないのだろうか?」

「何がいけなくて伸び悩んでしまうのだろうか?」

これを仮に、今の皆さんの立場で上手く行かないことの代表的なものを挙げるとしたら、おそらく

  • どうやって進めたらいいのか、何から手を付けていいのかわからない。
  • 計画を立てたのに、気持ちが浮いて計画通りに行動ができなくて進まない。
  • 知識をつけたいとあれやこれや情報を収集し勉強していくたびに、何が本当に正しいのか、どれを選べばいいのかわからなくなる。

などが挙がるのではないかと思います。



更に、もし今現在皆さんがフリーランスや週末起業でビジネスを営んでいる立場だったとしたら、

  • 出勤がないので、生活や仕事での時間配分など自己管理がうまくできない。
  • 孤独を感じてモチベーションが続かない。

などのちょっとしたことまで挙がってくるのではないかと思います。



このようなことが原因で悩み苦しい気持ちが発生していて、一体何が正解なのか分からなくて何をやってもどこか確信がつかめなく、いつまでも手応えを感じられない状態が続いているとしたら、当時の私の苦しみとほぼほぼ同じことになります。

それでは、これらをどのようにすることで原因が分かるようになり、「上手く行かない」から「上手くやって行けるようになった」に変えられるのでしょうか?



例えば、それらを超えることができている今の私では、その頃の失敗からやり方を改善し、現在このようにして進んでいます↓

  1. 自分がこれから成りたい姿で既に活躍されていて、それが成り立っている人
  2. 自分より少し前を進んでいて、その正しく進む方法を知っている人

この2つを確立している人の横に着いて、一緒に進んでいます。



要するに、「正しい方法を知っている成功者とともに行動すること」だったのです。

ちゃんとしたやり方や仕組みを知りながら進むこと。

そして進んでいる間はそれが今の自分にとって正しいやり方かどうかを常に確かめていける環境を用意すること。

たったこれだけで、これからの自身の成功を分けることになるのです。



ちなみに、この音楽活動による大きな失敗の中で、1つだけ大きな発見がありました。

それは、「逃げようとする力は、人間の中で一番凄い力を発揮する」ということでした。

私がこれをどこに活かしているのかというと、「普通とは逆のことをする(普通から逃げる)と目立つから、より注目してくれやすくなる」という、他との差別化です。

この差別化という、成功においてかなり重要となることを既に体験できていたから、お陰様で私は、具体的に何をどうすればいいのかが肌感覚で分かります。

今の私はこのように、正しい方法とそれを常に確認できる環境を横に着けて進むことが出来ているため、こうやって堂々と世の中に貢献する形で活躍することができ、あの頃にやっていたデスメタルバンドでの失敗まで活かすことが出来ているのです。

全ては、上手く行っている例のすぐそばで、それを常に見ながら真似してやって行けばいいのです。

皆さんも、私と同じように進んで行くことができれば、真似をすることができれば、

今の苦しみから少しずつでも抜け出せるようになって行くのでは?と感じることはありませんか?

私もそうやったことで、今があるのですから。



今の皆さんは、当時の私のような苦しみを持ちながら明日が見えない日々を過ごしているのかも知れませんが、こうやって一つのきっかけと勇気ある行動さえ大切にしつつちゃんと未来を願って進んで行けば、いつかは必ず、不思議とその未来は訪れます。

まずはこの、ライフデザインコーチングというものを知ることができたことと、

私のような人間でもここまでなれたこの話をお守りにして、

勇気を持って、未来の自分を少しだけ描いてみてください。

今回も長文、お読みいただきまして、ありがとうございました。



P.S:次回のメールマガジンでは、ここまで来た私の現在の考え方や想いが、あの頃の自分の考え方や想いと比べてどこがどう変化し、具体的に何が違うのかをお伝えしたいと思います。

自身をこれから変化させていくためには、「過去と現在の違いや差」を知りそれをヒントにしていくことが今は特に重要だと思うので、次回では私の例を交えて「大切な考え方や想い」をお伝えしていきます。ぜひ見本や参考にしてください。

そして、前回に続いて次回にも、「更に新たな自分が発見できるようになるためのワーク」をご用意しますので、少しだけ一緒にやってみたいと思います。

それでは、次回を楽しみに待っていてくださいね!!